ホーム » 好循環

好循環」カテゴリーアーカイブ

好循環が理想のワークライフバランスを実現

ワークライフバランスという言葉が社会全体に浸透してきました。仕事とプライベートのバランスをとりながら、その両方を充実させて働くことがこれからの社会の課題とされています。しかし、このワークライフバランス、ただ単純に仕事の時間を減らしてプライベートに時間を割けば実現出来るというわけではありません。これでは仕事をする時間が減るばかりで、仕事によって得られる成果も目に見えて減少していきます。仕事の時間が少なくなっても、生産性が低下しないことがワークライフバランスを成立させるための条件です。もっと言えば、理想のワークライフバランスとは、仕事の時間を削減したうえで生産性を上昇させることだと言えるでしょう。

この理想のワークライフバランスを実現するためには、仕事とプライベートの好循環を作ることが必要になります。残業時間や休日出勤がなくなることで充実した余暇を過ごせるようになり、そしてまたゆっくりと余暇をとるために時間内で仕事が終わるように作業に集中。このような好循環があれば、仕事の時間が今よりも減ったとしても生産性は下がりません。仕事とプライベートとの間にはっきりとした時間的な区切りを付けることが、好循環を作るコツだと言えます。ただし、この好循環はすぐには生まれません。仕事とプライベートにメリハリが付くことで生産性が高まる働き方は、身に付くまでに時間がかかります。もしかすると最初のうちは生産性が落ち込むこともあるでしょう。しかし、一度この好循環が生まれてしまえば、労働時間に比例しない成果が得られる理想のワークライフバランスが職場に根付くはずです。

タグ

サイトにタグがないため、現在ここに表示するものはありません。